生理不順は甘く見ないで婦人科へ行きましょう

生理不順で婦人科に行けるか

女に産まれたら必ずある生理。毎月嫌だなと思っても避けられません。ですが、毎月生理があるということは、健康である証拠、とも言えます。婦人科に行くことは少々抵抗があるものです。妊娠して初めて婦人科に行きたいですよね。生理不順くらいで婦人科に行くべきか悩みますよね。だからと言って、放置してはいけません。生理不順は色々な不調を引き起こすでしょう。その不調を治すためにも、適切なケアが必要になってくるのです。

生理不順を婦人科で治す

生理不順とひとことで言っても症状も原因も様々です。25〜38日が正常周期です。39日以上の周期を稀発月経といい、卵巣の働きが不十分でホルモンの分泌が順調ではない状態が考えられます。24日以下の周期を頻発月経といい、卵巣の働きが落ちていたり、ストレスによるホルモンの分泌の乱れが起きている状態が考えられます。他にも生理が長かったり、短かったり、量が多すぎたり、少なすぎたりと症状は色々あります。婦人科ではそれにあった治療をすることで生理の周期を一定に戻すことが出来るのです。

生理不順を婦人科に行かずに治す

生理不順を婦人科で治すのが一番いいと思いますが、恥ずかしいとか、お金がかかるとか事情があって行けないこともあると思います。小さなことの積み重ねで生理不順を少しずつ治していくことも可能だと思います。ストレスを溜めないで発散する趣味を持つことや、運動不足の解消やお腹まわりを冷やさないように心掛けること、食事に気をつけましょう。ホルモンバランスを整える効果があると言われる、ルイボスティーを飲むこともいいようです。

日曜日に婦人科で、診察してくれる病院が増えています。予約はできませんが、緊急の場合にとても便利です。